• Tag Search
  • Archives

    2019年2月
    M T W T F S S
    « Jan   Apr »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  

  • 食品や医薬品で世間一般に広く愛用されている。

    血液のサラサラの状態を目指して、いろんな食品や医薬品が世間一般に広く愛用されています。効果があればその背中合わせとして副作用もあるのだそうです。

    EPA (魚油の不飽和脂肪酸)の安全性を少し垣間見てみましょう。EPAは、血液が固まりにくくなる作用があり、出血がすぐに止まらなくなると言う特性を持っています。病院などで医薬品として服用する量では安全を保障されていますが、1日3グラム以上摂取すると、出血傾向が発生することが指摘されているようです。手術や出血を伴う歯医者さん等での治療を受診する際は、何日も前から服用を中止するように心がけましょう。また、医薬品等では、肝機能障害や健康食品で副作用が発生したと言う報告も現実にはあるにはあるのだそうです。血液のサラサラと言う状態は、血液の流動性が高いと言うことを示し、高脂血症でなく血管が固まりにくい状態を指すようです。2000年ごろから、テレビやラジオなどで使われるようになった言葉ですが、悪徳業者が物品やサービスを高額に得るために広めたと言うこともあり、間違った理解が広まっていると言う現実もあります。血液サラサラは、脳梗塞や心筋梗塞など血栓が詰まって恐ろしい障害を引き起こす事の予防と言うことが第一目標になっています。医療の現場では、血栓防止の薬を出すときに血液サラサラの薬とわかりやすく説明することがあるようです。血液,サラサラ,サプリメント