• Tag Search
  • Archives

    2017年5月
    M T W T F S S
    « Apr   Jun »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  

  • お花見の季節に家族や友人と桜の名所に出かけるなら、お弁当はなにがいい

    お花見は奈良時代に貴族が梅の花を愛(め)でたのが起源と言われています。

    平安時代になって桜を観賞するようになり、鎌倉時代以降、徐々に武士や庶民にも定着していったと言われています。

    忘れたくないのは花を愛でるやさしい心。

    周りの人に配慮しながら、ゆっくり静かに花と旬の味を楽しんでください。

    お花見の季節に家族や友人と桜の名所に出かけるなら、お弁当は欠かせないアイテムのひとつですね。

    手作りもいいけれど、たまには少し贅沢をして、名店の弁当を選んでみてはいかがでしょうか。

    デパートで買える花見弁当の名店を東西でくらべてみました。

     
    まず東のおすすめは、神田明神下新開花の「木箱二段重 鯛の黒酢寿し膳」(3000円)です。

    老舗料亭の技が光る国産鯛の昆布〆と黒酢の寿しは相性抜群です。

    銀鱈の西京焼きは、柔らかな身が豊かな味噌の香りで包まれており、いくらを添えた胡麻豆腐は、ほどよい弾力となめらかな舌触りを同時に楽しめる一品です。

    神奈川-愛媛へは安い引越しプランで
    料亭の味をそのまま楽しめる贅沢なお弁当に仕上がっています。

    そして西のおすすめは、創業安政三年の下鴨茶寮の「御所の四季」(5400円)です。

    鰻巻玉子やゆば万十、甘鯛蕗味噌焼、そして料亭の厚焼玉子など、このお弁当にしか入っていない自慢の一品が盛り付けられています。

    わらびもちやお団子、扇型のお赤飯も入った、華やかで豪華な二段弁当です。

    150年以上の歴史を持つ老舗の味は、洗練された食材のバランスのよさが人気の秘密です。

    お花見は奈良時代に貴族が梅の花を愛(め)でたのが起源と言われています。

    平安時代になって桜を観賞するようになり、鎌倉時代以降、徐々に武士や庶民にも定着していったと言われています。

    忘れたくないのは花を愛でるやさしい心。

    周りの人に配慮しながら、ゆっくり静かに花と旬の味を楽しんでください。