• Tag Search
  • Archives

    2016年5月
    M T W T F S S
    « Apr   Jun »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  

  • 達成が難しいキャッシュバックですけど

    紹介キャッシュバックと言えば、自分が契約を行なう代理店を周りに教え、紹介された側が契約を行なうと成約する紹介料の事を言います。紹介キャッシュバックと言えば、契約者の人数が増えるのに比例して、キャッシュバックの支払額が増えるシステムになっています。

    ジェイ・コミュニケーションを例にすると、一名の紹介で20000円のキャッシュバック、二名の契約達成で37000円のキャッシュバック、三名の紹介成立で67000円ものキャッシュバックを貰う事が出来ます。

    達成が難しいキャッシュバックですけど、額が額ですのでしっかりと利用したい所です。
    光インターネットの特徴と言えば、安定的なインターネット通信を行なう事が出来る点にあるでしょう。モバイルのような通信状況の波はありませんので、ハードな利用にも向いています。
    通信速度の速さも実用レベルをとっくに超えて、1Gbps以上の通信速度の光サービスも普通に存在しています。(センターモバイルのキャッシュバックキャンペーンがお得!にて説明)

    完全にオーバースペック気味ですから、通信上の不満はありません。
    光回線を導入する時には、工事を行なう事が必要となります。勿論、回線工事に伴う費用が発生し、その費用は小分けで月額料金に上乗せされます。だけど、auひかりのケースだと、回線工事費分だけ月額料金を割引きする公式キャンペーンが行われています。そう言う事で、必然的に、回線の工事費用を負担しなくても良くなります。

     

    光回線の導入で通信速度が向上したので、利便性が大幅に向上しました。

    ムービーを観ながらデータのダウンロードを行っても、全然モタモタする様子はありません。

     

    そんな事よりも大きかったのが、通信制限を気にする必要が無くなったと言う部分です。

    スマホだと7G制限が厳しいですから、通信量が気掛かりになります。
    しかしながら、光回線を使用する事で心配が消えました。光回線と契約をする時、定番となっているキャンペーン特典がキャッシュバックキャンペーンです。そんな現金払戻キャンペーンですが、通常キャッシュバックと紹介キャッシュバックがあります。一般的に考えられているのが、通常キャッシュバックになります。
    通常キャッシュバックの額ですが、マンションと一軒家、申し込先として選択するプロバイダ、加入する有料オプション数で変化します。インターネットの契約をする際、契約を交わすプロバイダによっては、勝手に有料オプションに加入させられるケースがあります。そんなプロバイダと契約を結んだ場合は、契約後、有料サービスの解約を行なう必要があります。
    始めの2ヵ月のみタダと言ったパターンもありますので、最初の請求額だけ確認して安心していると、勝手に課金されていたと言ったパターンもあります。最も悲惨なケースは、有料のサービスが付けられていたにも関わらず、オプションを一度も利用しないままに課金されるケースでしょう。紹介キャッシュバックなんですが、結構高額設定されている事が多いです。

    また、紹介人数に応じてキャッシュバック額が高くなる傾向にあります。

     

    要は、出来る限り紹介すればする程、キャッシュバック額は大きくなる訳です。
    だからと言って、プロでもない一般人がこの紹介キャッシュバック制度を利用すると言うのは、結構難しいのが現実です。

    光回線の通信の速さなのですが、年々速くなっています。ADSLの時代は、50Mbps程度の下り最大の通信速度でインターネットを行っていました。

    だけども、光回線が取引され始め、下り最大通信速度が100Mbpsにまで高速化しました。そして、光ネクストが取引され始めて下り最大通信速度は1Gbpsになりましたが、現在は下り最大通信速度10Gbpsのインターネットサービスも取引され始めています。

     

    光インターネットと言っても、色々な光インターネットサービスがあります。有名なとこで言えば、NURO光やeoひかりなどが挙げられます。

    一例を挙げると、auひかりならスマートフォンとのセット割が評判ですし、NURO光でしたら通信の速さが評判です。各自特長がありますので、しっかりと分かった状態で光回線サービスを選択したいものです。光回線を提供している代理店では、高額なキャッシュバックで集客を行っているところが沢山あります。

    でも、あり得ない程提示されている金額が高額な代理店となると、キャッシュバックの金額に他のキャンペーンの金額を上乗せして掲載されている場合もあります。って事で、光回線の代理店によって、誇大広告などと批判されているところもあります。
    そんな中で、NNコミュニケーションズだときちんと受け取れるキャッシュバック額を掲示していて、その部分が支持されています。

     

    光回線の特典として行われているキャッシュバックなんですが、それぞれの代理店によって受け取る手段が違います。
    一番多い手段が、契約から数ヵ月後に送信されて来るメール案内に従ってURLにアクセスし、アクセス先で銀行口座情報を登録すると言うパターンです。
    それよりも難しいのは、FAXを使って銀行口座の情報を送信すると言う方式を採用しているところです。
    さらには、銀行口座情報や関係書類を郵送しなければならないと言うやり方を採用している代理店もあります。

    私が光回線の申し込みをした一番のワケとは、安定性なのです。
    通信の速度に対して注目されがちではありますが、光回線の通信速度については、かなり昔にオーバースペックになっています。その結果、1Gbpsとか2Gbpsとか言われても、実質は変わりありません。それよりは、有線回線という安定性の方が、個人的には引き付けられるのです。

    様々な代理店ではキャッシュバック合戦が行われていて、少しでも高いキャッシュバック額を提示している代理店が人気だったりします。

    とは言うものの、高額なキャッシュバックを獲得する為には別途オプションへの加入が必要だったり、何ヵ月後かに手続きを忘れずにする必要があったりします。
    単にキャッシュバック額を比較するだけと言った比較サイトは、ネット上に沢山あります。

    でも、そんなキャッシュバックの受け取る難しさまで考えられているサイトは、驚くくらい少ないです。

     

    光回線サービスの契約を行なう際、選んだ代理店によって違うキャンペーン特典が付いて来ます。中でも人気なのが、キャッシュバック特別企画です。

    契約から一定期間が経過してから、条件をクリアーした金額分だけ、現金払戻金が振り込まれると言うものです。その結果安くサービスの利用が出来るから人気なのですが、貰えるまでのハードルが高い点が苦情の元にもなっています。インターネットの契約をすると、それぞれの代理店でさまざまなキャンペーン特典を用意しています。
    キャッシュバックキャンペーンを行っている代理店が多いですが、その他にも様々なキャンペーン特典が展開されています。例を挙げると、タブレットのプレゼントキャンペーンを実施している所もあります。

    その他にも、パソコンのプレゼントキャンペーンを実施している所さえもあります。

    光回線の申請を行なうと、モデムをレンタルする事となります。

    そのモデムの利用料は、毎月の料金に上乗せされる形で請求されます。モデムに無線LANカードを差し込む使用法だと、更に、無線LANカードのレンタル料金が請求されます。その対策として、無線LANカードの返却を行い、ご自身で無線LAN機器を準備した方が安上がりです。フレッツ光のサービスの中には、光コラボレーションあるいは転用と言うサービスがあります。光コラボレーションと言う仕組みを用いる事で、従来はフレッツ光とプロバイダのどちら側にも料金を支払っていたものを、プロバイダだけに絞る事が可能になります。費用を削減する事が出来ますし、光コラボレーションを利用する事によるキャンペーン特典を貰う事が出来ます。

    光コラボレーションはフレッツ光と申し込み時の回線をそのまま流用しますから、新たな回線工事などは必要なく、乗り換えに伴う違約金も発生しません。光サービスは、色々な会社がサービス展開を行っています。このような中でも、auひかりと言う光回線サービスは、auのスマートフォンやケータイユーザーがお得感を感じるサービスを行っています。
    このワケは、auスマートバリューと言ったキャンペーン特典にあります。
    auスマートバリューを活用する事で、auのスマートフォンやケータイの月額費用が、1台1台割引きされます。

    光回線を使ってて利便性をひときわ感じるのが、インターネット上で配信されている生放送番組を観てる時です。

    リアルタイムでチャットにコメントを書き込める方式を採用しているケースが多いですが、その際にポイントとなって来るのが、ネット回線の通信の速さとなって来ます。

     

    モバイル回線を使用しているとこの部分が難点で、ちょくちょく映像が止まって、放送にディレイが生じる事もあります。
    そうなってしまうと、チャットと実際の映像との間にタイムラグが生じてしまい、トラブルが起きてしまいがちです。
    光回線を導入する際は、インターネットの回線工事が問題となります。回線の工事日を決めて、工事には立ち合う必要があります。それから、インターネット回線工事には費用が掛かり、それは毎月の料金に上乗せされます。
    ただし、auひかりならば回線工事費分月額費用を割引きするキャンペーンを行っていますので、それを利用する事で負担を減らす事が可能です。